2017年8月11日金曜日

やきものという神秘


「ゼロから分かる! やきもの入門」:河野恵美子氏を読んでいる。まさにゼロに限りなく近い知識の私にとって、最良の本である。冒頭で「好き」になることから始めようと氏は述べる。至言である。まずはそのイロハから。陶器と磁器の違いから。前者は「土もの」後者は「石もの」。次は文様の有無。無いものは「釉景」「貫入」「窯変」が肝、三番目は器の形で、菱、亀甲、扇面、木瓜、輪花、高坏、四方、隅切、手付、半月等々。更には、染付(技法)、草花蜂文(文様)、輪花六角(器の形)、小鉢(種類)等の見分け方があるようだ。一番取っつき易い文様を例にすれば、植物:牡丹、菖蒲、椿、蘭、動物:兎、鹿、犬、龍、鳥・昆虫:鳥、蜻蛉、蜂等。貝類、山水、人物、吉兆、幾何学文字もその一部だ。蛸唐草を知っていればもうセミプロになれる?2章からは色と装飾になるが、余りの多様性にお手上げ状態だ。用語だけ並べてゆくと、焼締(自然釉)、下絵付(染付、鉄絵、辰砂)、上絵付(赤絵、色絵、染錦、金彩、銀彩)、釉掛(灰釉、鉄釉、志野、織部、白磁、青白磁、青磁)、白化粧(粉引、刷毛目、三島)。加工(象嵌、掻落、イッチン盛り、錬込、飛鉋、布目)だ。3章では器と盛り付けに移る。これは器本来の目的に叶うものだが、ここも奥が深い。4章では全国やきもの産地に移る。読者の方の近くにはきっと名産があるはずだが、私が知る限りを述べれば、萩、信楽、九谷、笠間、有田、伊万里ぐらいか。やきものの歴史を振り返れば、紀元前に始まり、縄文土器を手始めに、弥生土器もある。その後、朝鮮半島から人間と同様に、陶器も輸入され、安土桃山時代に一気に和器が花開く。戦国武将が戦いの報酬として、あるいは自分自身のステータスの証として、茶碗を利用したからだ。そして、今は希少価値を問われ、骨董品として売買がされる。どちらにしても、人間に絡むと美しい土器もやや妖しげな色合いを持つのは、こうした人間の欲深さが見えてくるからだろうか。やきもとが出来るには、土作り→土練り→成形→素地加工→乾燥→素焼き→(下絵付け)→施釉、白化粧→本焼き→(上絵付)→窯出しの長い過程が必要だ。その分、世界に一つしかないやきものが出来る理由でもあるのだ。



0 件のコメント:

コメントを投稿