2017年7月30日日曜日

2017(平成29年).07.30書評

先週の評点:
「歌うカタツムリ――進化とらせんの物語 (岩波科学ライブラリー)」(◎):千葉聡、「すごい物理学講義」(◎):ロヴェッリ,カルロ、 Rovelli,Carlo、「1493――世界を変えた大陸間の「交換」」(◎):チャールズ・C. マン、 Mann,Charles C.、「お金の悪魔: フェおばさんの経済学レクチャー」(◎):エツェンスルー,H.M.、 Enzensberger,Hans Magnus 、「dele ディーリー」(〇):本多孝好、「新任刑事」(〇):古野まほろ。
相変わらず、う~んと唸らせるノンフィクに対し、小説群も今回は健闘したと思う。ベテランと新人作家の双方が面白かった。
今週のお題:
「消えゆく太平洋戦争の戦跡」:「消えゆく太平洋戦争の戦跡」編集委員会、「経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点 教養としてのバブル熱狂と閉塞感の裏側」:田村賢司、「妄信 相模原障害者殺傷事件」:朝日新聞取材班、「団塊の後 三度目の日本」:堺屋太一、「血縁」:長岡弘樹、「女系の教科書」:藤田宜永。
近況:
蕁麻疹が中々治らないので、皮膚科から近くのホームドクター?に見て貰ったら、内臓には問題無さそうでひとまず一安心。僻地は人間ドックもままならず、且つ胃カメラは来年まで待たなくてはならないという悲惨さだ。自分のみは自分で守るが鉄則か。過去の自分のブログを振り返ると、体調が悪いとこの蕁麻疹が登場しているので、これも又、節制しろとのご加護かと考える事にした。かと言っても無策はダメなので、甘いものとお酒を当分控えることに。意志弱と家族からは揶揄されているので、何とか面目だけは保ちたいものだ。それに倣ったか、家人も愚息も食を控える傾向になり、家族全体が健康になるなら、頑張るっきゃないかも。それにしても、短い梅雨だった。いきなり盛夏に入り、皆がばて気味だ。精神力でカバーしないと厳しい季節だ。


2017年7月24日月曜日

「同時性の魔術を知る」 古い羅針盤55章 発売開始

同時性の魔術を知る
古い羅針盤55章
●近くて遠きは日本の神様也
●ピーターの法則
●私が注目の野菜とは?
●CKDという、もう一つの厄介病
●人生100年設計のアラモード
●ださくない経営概念とは?
●色々なカフェが在って良い
●貴方は俗人?
●ワインもワンコイン時代?
●利益と開示性の器
●忖度という虎の威
●ジェンダーというまやかし
●招かれない殺し屋とは?
●ポピュリズムという幻想
●街歩きのプロ
●転職というビジネスチャンス
●ITという大きな消費の波
●親切が仇にならない方法
●PTAを良く知ろう
●虹色のチョークを創る
●漢字の魔力とは?
●芸術に死んだ88歳
●安心できる老後とは?
●いつか、又、来た道
●物流という究極ビジネスを問う
●音楽はアルツハイマーに効く
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2017.06月)掲載されたものを纏めたものです。
●引用文献
「氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史 (講談社選書メチエ)」:新谷尚紀
「タマネギとニンニクの歴史 (「食」の図書館)」:服部千佳子、 マーサ・ジェイ
「腎機能が低下したときにすぐ読む本 (しっかりわかる新しい医療)」:塚本雄介
「働けるうちは働きたい人のためのキャリアの教科書」:木村勝
「ようこそ、認知症カフェへ:未来をつくる地域包括ケアのかたち」:武地一
「俗語入門: 俗語はおもしろい!」:米川明彦
「はじめてのジェンダー論」:加藤秀一
「招かれない虫たちの話: 虫がもたらす健康被害と害虫管理」:日本昆虫学連合
「ポピュリズムとは何か」:ヤン=ヴェルナー・ミュラー、 板橋拓己
「百年の散歩」:多和田葉子
「転職に向いている人 転職してはいけない人」:黒田真行
「ある日うっかりPTA」:杉江松恋
「虹色のチョーク」:小松成美
「書のひみつ」:古賀弘幸
「もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品」:池上英洋
「Q&A 日経記者に聞く 安心老後、危ない老後」:後藤直久
「宅配がなくなる日 同時性解消の社会論」:松岡真宏&山手剛人
「音楽療法はどれだけ有効か―科学的根拠を検証する」:佐藤正之


2017年7月23日日曜日

2017(平成29年).07.23書評

先週の評点:
「子ども格差の経済学」(〇):橘木俊詔、「人類はなぜ肉食をやめられないのか: 250万年の愛と妄想のはてに」(◎):マルタ・ザラスカ、小野木明恵、「世界の美しい市場」(◎):澤井聖一、「人間はだまされる―フェイクニュースを見分けるには」(〇):三浦準司、「ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常」(◎):藤田結子、「ぷろぼの」(△):楡周平、「アノニム」(〇):原田マハ。
ノンフィクはいずれも秀作だろう。小説群は楡氏はやや暗すぎる。唯、これが今の斜陽家電メーカー現実像かもしれないが。原田氏は作品に振れが大きい。氏自身のチャレンジ精神なのか、定かではないが、しっとりと19世紀の絵画をテーマにした作品が私は好きだ。
今週のお題:
「歌うカタツムリ――進化とらせんの物語 (岩波科学ライブラリー)」:千葉聡、「すごい物理学講義」:ロヴェッリ,カルロ、 Rovelli,Carlo、「1493――世界を変えた大陸間の「交換」」:チャールズ・C. マン、 Mann,Charles C.、「お金の悪魔: フェおばさんの経済学レクチャー」:エツェンスルー,H.M.、 Enzensberger,Hans Magnus 、「dele ディーリー」:本多孝好、「新任刑事」:古野まほろ。
近況:
家人と愚息は夏休みに突入。但し、例年と違い、今年は受験勉強まっしぐら!という事で帰省もなく、それによる実家との衝突も無く、平和になるかも。尤も、エアコンばかり付けていられない我が家。節電と快適さの指針は家族バラバラなので、やはり小さな諍いは起きそうだ。もちろん、私の部屋にはエアコンなど無いので、暑い中での副業強化しかないか。そう言えば、11年間乗った自家用車がガタが来たので、乗り換える事に。但し、先立つモノが見当たらないので、中古5年落ちの安い車に決定。外ズラだけ良いのは誰に似たのかな?なんて思っている。どちらにせよ、車無しでは生活できない超僻地なので、車は必須。暫し、お世話になるだろうと考えている。




2017年7月18日火曜日

CGコレクション 2017.7月販売開始

CGコレクション 2017.7月販売開始
古い羅針盤の表紙を飾ったCG画像を本に纏めました。



2017年7月16日日曜日

生命の羅針盤3 時空とフローラを糧に 発売開始

生命の羅針盤3  時空とフローラを糧に 発売開始
生命の羅針盤三 時空とフローラを糧に
目次
●六百万年の反省を糧に
●ポスト資本主義とは?
●AIなる誤解と未来
●知性を磨く努力を見る
●Aではない希望
●葦の脚力を知る
●千二百年の時空を超えて
●青春というまほろば
●2016年の課題と展望とは
●中産階級という仕掛け
●脳には取締役が必要!
●パイオニアという宇宙視点を問う
●残業という偽証
●六百万年前発生した1%の奇跡
●がんと言う金銭感覚
●毒親という新たな就活
●男こそアンチエイジングが語るもの
●賞取りは寿命を左右するらしい
●親には一人暮らしをさせなさいが、肝!
●愛の反対は何?
●古き良き時代の終わりか
●シンプルな答えが一番
●死に方のレッスンをしよう
●ない々づくしの功罪
●二千万人は居る依存症という病
●超超高齢化という世界で生きる
●無戸籍人が日本で生じる背景とは?
●犬は家畜であるという事実
●私は腸内フローラである!
●味覚と消費のかけっこ
●ゲノム解析という近未来
●ホスピスとは宗教に似ている
●神々が死んでゆく様
●オフェンスが生きる事
●ソフトランディングが出来ますか?
●腰痛に要注意!
●引用文献
「人体600万年史(下):科学が明かす進化・健康・疾病」:ダニエル・E・ リーバーマン、塩原通緒
「600万年の知恵と欠陥」:佐伯一郎
「ポスト資本主義」:広井良典
「AIは「心」を持てるのか」:ジョージ・ザルカダキス、長尾 高弘
「東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか」:最相葉月
「日本の若者はなぜ希望を持てないのか」:鈴木賢志
「空海」:高村薫
「95」:早見和真
「文藝春秋オピニオン2016年の論点100」:ムック
「十代の脳 反抗期と思春期の子どもにどう対処するか」:ジェンセン,フランシス、 ナット,エイミー・エリス
「限界コストゼロの経済」:ジェレミー・リフキン、 柴田裕之
「安心してがんと闘うために知っておきたいお金の実際」:内田茂樹
「男こそアンチエイジング」:伊藤和弘
「親には一人暮らしをさせなさい」:三村麻子
「女性と子どもの貧困~社会から孤立した人たちを追った」:樋田 敦子
「冬の光」:篠田節子
「おひとりさまの最期」: 上野千鶴子
「依存症の科学 いちばん身近なこころの病」:岡本卓、和田秀樹
「超高齢社会の法律、何が問題なのか」:樋口範雄
「無戸籍の日本人」:井戸まさえ
「人類と家畜の世界史」:フェイガン,ブライアン
「若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実」:NHKスペシャル取材班
「季節のなかの神々: 歳時民俗考」:小池 淳一
「終わった人」:内館牧子
「からだにやさしい腰痛克服法 --徹底図解 腰痛の原因と対策-- (名医が教える健康バイブル)」:駒形正志
●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」に掲載されたものの中から、生命に関するエッセー分を纏めたものです。


2017(平成29年).07.16書評

先週の評点:
「図解 エコノミークラス症候群の原因と予防ストレッチ」(〇):原幸夫、「航空機産業と日本 - 再成長の切り札」:中村洋明、「無線ネットワークシステムのしくみ: IoTを支える基盤技術 (共立スマートセレクション)」(◎):塚本和也、尾家祐二、「みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―」(◎):川上未映子、村上春樹、「まぬけなこよみ」(〇):津村記久子、「凄腕」(〇):永瀬隼介、「物語のおわり」(△):湊かなえ。
今週のお題:
「子ども格差の経済学」:橘木俊詔、「人類はなぜ肉食をやめられないのか: 250万年の愛と妄想のはてに」:マルタ・ザラスカ、小野木明恵、「世界の美しい市場」:澤井聖一、「人間はだまされる―フェイクニュースを見分けるには」:三浦準司、「ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常」:藤田結子、「ぷろぼの」:楡周平、「アノニム」:原田マハ。
近況:
毎回、健康不調を訴えても、この梅雨なのか、そうでないかの初夏の時節、うんざりするばかり。何か楽しい事在りきかと思えば、この時期はトウモロコシやスイカなど美味しい食物が食卓を飾る頃だし、貰い物の高級ソーメンや桃なども有り難く頂ける。最近ではすっかり四季が薄れてしまった日本だが、こんな多彩な文化は他国では無いよなあ?とか言って、細やかな幸せに浸っている毎日だ。来週、愚息は通信簿を貰い、家人も学校が休みになるが、其処からが本格的な、高校受験の塾通いとなり、忙しい毎日は変わらない。更には、愚息が大学受験の時には試験制度が前面見直しになるとかで、それも又、可哀そうな事だと思う。少子・高齢化の中、年々より即戦力を求められてゆく新世代は、つくづく大変だ。ほのぼの青春なんて時代は、既に回顧調の風景としか残らない時代なのかもしれない。





2017年7月11日火曜日

生命の羅針盤2 AIと宗教の関係 発売開始

生命の羅針盤2  AIと宗教の関係 発売開始
生命の羅針盤2 AIと宗教の関係
目次
●献体増加という貧困の世界
●性善説という罠
●貧困と無宗教の関わり
●南極に豊かな森林が存在した頃
●18歳という閾値を考える
●根が深いSTAP細胞偽証
●ダークマスターと生命
●イクメンが教科書に載る時代
●貧しても鈍しない生き様は?
●エウロバやエンケラドスなる生命の泉とは?
●宗教という仕掛けを問う
●オワハラをご存じか?
●気候のカジノは回ってる!
●1000万人の待機者なる欺瞞
●結婚とは何か?
●狭い間口と高層マンションの相似
●犬と花の関係
●蓼食う虫も様々が未来像?
●死刑廃止と冤罪
●医師ムラ社会はマイナンバー拒否
●知性という存在が人間の本質だ!
●腰痛は心の病だそうだ!
●やはり、犬は肩身が狭い?
●オトコと女の分かれ道
●恋愛は麻薬である
●「今から仕事をやめてくる」が受けている
●二十cmの恐怖がやってくる
●逃げるが勝ちを憂うるなかれ
●新たな人的資本投資の行方
●AIに年齢制限あり
●不確実性との闘い
●失敗は成功の元にならない日本
●電気なしで生き抜く老人
●本当のSF小説とは?
●火星探索は続いている
●超老々介護の未来
●肩の力を抜きなさい…
●引用文献
「文庫 リーガルハイ 2ndシーズン」: 古沢良太 (脚本)、百瀬しのぶ
「STAP細胞 事件の真相」:佐藤貴彦
「運命の選択1940-41(上)(下) 世界を変えた10の決断」:イアン カーショー、 河内隆弥
「植物が出現し、気候を変えた」:デイヴィッド・ビアリング、西田佐知子
「謝るなら、いつでもおいで」:川名壮志
「怒りのブレイクスルー―「青色発光ダイオード」を開発して見えてきたこと」: 中村修二
「Newton 宇宙空間が膨張するとは,どういう意味か」:科学雑誌Newton
「イクメンで行こう!―育児も仕事も充実させる生き方」:渥美由喜
「進化の謎を数学で解く」:アンドレアス ワグナー、Wagner,Andreas
「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史」:出口治明
「オワハラ時代の大学と就活」:秋本裕子、池田正史
「気候カジノ」:ウィリアム・ノードハウス、 藤﨑香里
「保育士がたりない! ―待機児童問題が突きつけた日本の現実」:鶴蒔靖夫
「ビューティフル・マインド: 天才数学者の絶望と奇跡」:Nasar,Sylvia、塩川優
「レジリエンスとは何か: 何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる」:枝廣淳子
「花は咲く」:花は咲くプロジェクト
「絶歌」:元少年A
「ネアンデルタール人は私たちと交配した」:P¨a¨abo,Svante、スヴァンテ ペーボ
「Newton 男女を決める XY染色体 XとY」:科学雑誌Newton 
「ちょっと今から仕事やめてくる」:北川恵海
「富士山噴火と巨大カルデラ噴火」:(Newton別冊)ムック
「世界一やさしいイラスト図解版!ランチェスターNo.1理論」:坂上仁志
「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」:斎藤康毅
「リスク 不確実性の中での意思決定」:Baruch Fischhoff、John Kadvany
「老後破産:長寿という悪夢」:NHKスペシャル取材班
「エピローグ」:円城塔
「ついに到着! 冥王星 太陽系探査の最前線」:(Newton別冊)ムック
「我が家のヒミツ」:奥田英朗
●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」に掲載されたものの中から、生命に関するエッセー分を纏めたものです。




2017年7月10日月曜日

2017年前半書評まとめ


以下、項目が◎評価されました。

小説

「土の記」:高村薫、「喧嘩」:黒川博行。「Good old boys」:本多孝好「不時着する流星たち」:小川洋子。「幻庵 上下」:百田尚樹。「出会いなおし」:森絵都、「果鋭」:黒川博行「やめるときも、すこやかなるときも」:窪美澄「百年の散歩」:多和田葉子

日本フィクション

「人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか」:池上高志 石黒浩 「バブル:日本迷走の原点」:永野健二氏「ボブ・ディラン マイ・バック・ページズ」:河出書房新社編集部、「凸凹地図で読み解く 日本の城 ~この地にこの城を建てた理由」:島崎晋、 東京地図研究社、「半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編」:安部龍太郎、藤田達生、「コンピュータが小説を書く日 ――AI作家に「賞」は取れるか」:佐藤理史、「芸術家の愛した家」:池上 英洋、「だから数字にダマされる」:小林直樹、「日本の防災、世界の災害: 日本の経験と知恵を世界の防災に生かす」:石渡幹夫 「デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル」:河瀬季 「知識ゼロからの健康オイル」:井上浩義 「おうちで学べるサーバのきほん」:木下肇 「コロンブスの不平等交換 作物・奴隷・疫病の世界史」:山本紀夫 「肝炎のすべてがわかる本 C型肝炎・B型肝炎・NASHの最新治療」:(健康ライブラリーイラスト版)、並木泉 「人体-消化の旅 (ニュートン別冊)」:ムック「先生、それって「量子」の仕業ですか?」:大関真之、「免疫はがんに何をしているのか? ~見えてきた免疫のメカニズム~ (知りたい! サイエンス)」:桂義元 「科学者18人にお尋ねします。宇宙には誰かいますか?」:佐藤勝彦、 縣秀彦 「バグは本当に虫だった-なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話」:水谷哲也 「 ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業」:神成淳司、「イップス―スポーツ選手を悩ます謎の症状に挑む」:石原心、内田直、「新生オルセー美術館」:高橋明也 「中野京子と読み解く 運命の絵」:中野京子、「東大が考える100歳までの人生設計 ヘルシーエイジング」(◎):東京大学高齢社会総合研究機構、「「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方」:松林薫、「定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!」:大江英樹、井戸美枝、「枕と寝具の科学 (おもしろサイエンス)」:久保田博、五日市哲雄、「データブック 格差で読む日本経済」:みずほ総合研究所、「単身急増社会の希望 支え合う社会を構築するために」:藤森克彦、「ウルトラ図解 めまい・耳鳴り: 治療の不安をなくす知識と生活術」:古宇田寛子、「高校生からはじめる プログラミング」:吉村総一郎、「葛飾北斎の本懐」:永田生慈、「スポめし 賢く食べて結果を出す!」:細野恵美、「なぜ人はドキドキするのか?(知りたい! サイエンス)」:中西貴之、「そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義」:中澤篤史、「100歳までクルマを運転する」:桃田健史、「薬はリスク?: 薬を正しく知るために」:宮坂信之、「誰が日本の労働力を支えるのか?」:寺田知太,上田恵陶奈、「招かれない虫たちの話: 虫がもたらす健康被害と害虫管理」:日本昆虫学連合、「虹色のチョーク」:小松成美、「書のひみつ」:古賀弘幸、佐々木一澄、「ある日うっかりPTA」:杉江松恋、「超一極集中社会アメリカの暴走」:小林由美

海外フィクション

「超監視社会: 私たちのデータはどこまで見られているのか?」:シュナイアー,ブルース、 Schneier,Bruce、「MARS(マーズ) 火星移住計画」:レオナード・デイヴィッド、 関谷冬華 、「毛の人類史 なぜ人には毛が必要なのか」:カート・ステン、藤井美佐子、「毒々生物の奇妙な進化」:ウィルコックス,クリスティー、 Wilcox,Christie、「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」:ショーン・スティーブンソン、 花塚恵、「ビッグデータという独裁者: 「便利」とひきかえに「自由」を奪う」:デュガン,マルク,ラベ,クリストフ、「2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する」:英『エコノミスト』編集部、 土方奈美訳、「国旗で知る国際情勢」:マーシャル,ティム、Marshall,Tim、「タマネギとニンニクの歴史 (「食」の図書館)」:服部千佳子、 マーサ・ジェイ、「ポピュリズムとは何か」:ヤン=ヴェルナー・ミュラー、 板橋拓己   



そこから各5点を選出しました。

小説

「土の記」:高村薫、「喧嘩」:黒川博行。「不時着する流星たち」:小川洋子。「やめるときも、すこやかなるときも」:窪美澄「百年の散歩」:多和田葉子

日本フィクション

「バブル:日本迷走の原点」:永野健二氏「コンピュータが小説を書く日 ――AI作家に「賞」は取れるか」:佐藤理史、「科学者18人にお尋ねします。宇宙には誰かいますか?」:佐藤勝彦、 縣秀彦 「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方」:松林薫、「データブック 格差で読む日本経済」:みずほ総合研究所

海外フィクション
「超監視社会: 私たちのデータはどこまで見られているのか?」:シュナイアー,ブルース、 Schneier,Bruce、「毛の人類史 なぜ人には毛が必要なのか」:カート・ステン、藤井美佐子、 Wilcox,Christie、「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」:ショーン・スティーブンソン、 花塚恵、「ビッグデータという独裁者: 「便利」とひきかえに「自由」を奪う」:デュガン,マルク,ラベ,クリストフ、、 土方奈美訳、「ポピュリズムとは何か」:ヤン=ヴェルナー・ミュラー、 板橋拓己  




2017年7月9日日曜日

生命の羅針盤1 寄生虫と微生物 発売開始

生命の羅針盤1  発売開始

生命の羅針盤一 寄生虫と微生物
目次
●人生の半歩先を行く
●足で稼ぐ 
●人生と生命の在り方
●住処と人生
●出遅れ感
●古きを想う
●花散る時期
●サマータイムの在り方
●この世に残すもの
●ブラックボックスという名の幸せ
●IPS細胞開発の余波
●老兵の在り方
●血の繋がり
●アレルギーとの診断
●生物の中での統計学
●動的平衡の業
●ロング・ナウ・時計をご存知か
●ゴーストは居るのか、居ないのか?
●グリーフケアを考える
●緩い象牙の塔の敗北
●ビッグバンからIPS細胞まで人間は理解し始めた
●幕引きと言う言葉のあや
●60兆個の細胞と社会心理学と教誨師の反応
●進化と寿命の微妙な関係
●放任主義が、がん治療には良いらしい!
●青い血の心臓が三つもあるモノな~に?
●数字で煽られてるのは、誰か?
●バイオロギングをご存知か?
●寄生虫と微生物では大違いの我々(1)
●寄生虫と微生物では大違いの我々(2)
●冷めた目線が男を醒ます
●安全第一と言う原理原則は間違いか?
●運命共同体としての地球を見れるか?
●企業の寿命とサラリーマン人生との相関
●暗黒の夜を行く
●グーグルの揺るぎない自信は何処から来る?
●夜空の90%が宇宙ゴミで埋まっている?
●引用文献
「冷血」:高村薫
「美しい家」:加門七海
「沈黙のひと」:小池真理子
「ジヴェルニーの食卓」:原田マハ
「楽園のカンヴァス」:原田マハ
「ブラックボックス」:篠田節子
「切り裂きジャックの告白」:中山七里
「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」:福岡伸一
「動的平衡2 生命は自由になれるのか」:福岡伸一
「せいめいのはなし」:福岡伸一
「はじめて学ぶグリーフケア」:関本昭治、宮林幸江
「教誨師」:堀川惠子
「どうせ死ぬなら「がん」がいい」:近藤誠
「「余命2カ月」のウソ」:近藤誠 
「タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物」:キャサリン・ハーモン・カレッジ、 高瀬素子
「改・人間ドックと命の値段 新古い羅針盤2」:佐伯一郎 
「ペンギンが教えてくれた 物理のはなし」:渡辺佑基
「寄生虫なき病」:モイセズ ベラスケス=マノフ、Velasquez‐Manoff,Moises
「気候で読み解く日本の歴史―異常気象との攻防」:田家康
「星々たち」:桜木紫乃
「探求――エネルギーの世紀」:伏見威蕃、ダニエル・ヤーギン
「星のかけらを採りにいく――宇宙塵と小惑星探査」:矢野創
●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」に掲載されたものの中から、生命に関するエッセー分を纏めたものです。



2017(平成29年).07.09書評

先週の評点:
「『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ」(◎):角野栄子、「歩いてわかった地球のなぜ !?」(◎):松本穂高、「図説歴代アメリカ大統領百科:ジョージ・ワシントンからドナルド・トランプまで」(〇):DK社大間知知子、「NHK出版 なるほど! の本 あなたの その「忘れもの」 コレで防げます (なるほど!の本)」(〇):芳賀繁、「ダークナンバー (ハヤカワ・ミステリワールド)」(△):長沢樹、「成功者K」(△):羽田圭介。
今週の課題:
「図解 エコノミークラス症候群の原因と予防ストレッチ」:原幸夫、「航空機産業と日本 - 再成長の切り札」:中村洋明、「無線ネットワークシステムのしくみ: IoTを支える基盤技術 (共立スマートセレクション)」:塚本和也、尾家祐二、「みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―」:川上未映子、村上春樹、「まぬけなこよみ」:津村記久子、「凄腕」:永瀬隼介、「物語のおわり」:湊かなえ。
近況:
体調不良が続いている。多分、睡眠不足から来ている自覚はあるが、昼が永い時期だからサマータイムになっていると思えば良いのかも。何度も睡眠に関わる本を読んでも、不足が改善しないのは、持って生まれた貧乏性(何かをしていないと不安になる)のせいだろうと高を括っている。だが、周辺で同世代の方のご不幸や、老父母の深刻な老いの情報が入るに連れて、もっと寝なくっちゃと思い心といや、もっと働かなくては!という心が何時も競争状態だ。困ったものである。因みに、愚息は渋々、受験勉強に突入し出し、夏休み返上で塾通いが始まりそうだ。何しろ僻地故に、送迎も車だから、家人と手分けしてゆくことになりそうだ。そう言えば、自家用車も買い替え時期に来ているのだが、先立つ者は愚息故に、こちらは当分我慢が続く。まあ、確かに昨今は乗ってみたいと思う車も少なくなったようにも感じるのは、私だけだろうか。あるいは、スマホの様に、もっと便利なものが手元にあるからだろうか。何となく、都会の若者の気持ちが分かる気がする。尤も、僻地のヤンキーたちには未だ、車はお宝だ。その熱気を多少、私も貰ってしまっているのかもしれない。




2017年7月2日日曜日

2017(平成29年).07.02書評

先週の評点:
「Q&A 日経記者に聞く 安心老後、危ない老後」(△):後藤直久、「日本の人口動向とこれからの社会: 人口潮流が変える日本と世界」(◎):国立社会保障・人口問題研究所、森田朗、「音楽療法はどれだけ有効か―科学的根拠を検証する」(〇):佐藤正之、「宅配がなくなる日 同時性解消の社会論」(◎):松岡真宏、山手剛人、「もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品」(〇):池上英洋、「騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編」(◎):村上春樹、「犬の報酬」(-):堂場瞬一。
「・・同時性解消・・」は面白い、と言うかショッキングが話題だ。ブログでもその辺りに触れたので、ここでは省略。「・・人口動向・・」も同じくショックだ。特に慣性力が働き、当分人口減は続き、過去の成功体験から離脱し、多数決論理からの未来志向の政治・経済システムを構築が必要を再認識。でも、総論賛成、各論は反対になってしまうのかも。「騎士団・・」は村上世界を堪能出来るのでは?今回も時空を使い、且つアートに踏み込んだ作品となっている。画家の端くれを自任する私としては、面白く読んだのだが…
今週のお題:
「『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ」:角野栄子、「歩いてわかった地球のなぜ !?」:松本穂高、「図説歴代アメリカ大統領百科:ジョージ・ワシントンからドナルド・トランプまで」:DK社大間知知子、「NHK出版 なるほど! の本 あなたの その「忘れもの」 コレで防げます (なるほど!の本)」:芳賀繁、「ダークナンバー (ハヤカワ・ミステリワールド)」:長沢樹、「成功者K」:羽田圭介。
ノンフィク4、小説2。
近況:ビジネスは内外差で温度差があり、前には進まない。でも、前に進んだとしても茨の道でしかないのだが。愚息の方は、クラブ活動が終了。最後はユニフォームを貰えず、組織の冷酷さに、初めてぶち当たった。のんびり屋だった彼が初めて自我に目覚め、社会とは、あるいは人生とは思い通りにならない経験をした。誰でも通る道だが、未だ、勉学という別な道もある訳なのだから、頑張って欲しい。さて、これからは高校受験。いやはや、人生には次々と入場ゲートが登場するものだ。こちらは退場門ばかりを通過している始末だが。家人と共に、2年半の部活動ご苦労様と言いたい。何しろ、早朝練習、弁当準備、送り迎え、大変でした。又、指導して戴いた顧問の先生方、コーチの親御さん、お疲れ様でした。






2017年7月1日土曜日

無料キャンペーン 7月分開始 「分担という処方箋」

無料キャンペーン 7月分開始 「分担という処方箋」
期間:7/1~5
分担という処方箋
古い羅針盤41章
目次
自分の取説を創る
文春独走を憂う
フレンド アフター 3・11を観て
悪い社福を排除せよ
絶望的な格差の現実
良薬は口に苦し
毛染めとマニュキュアがIS武器となる
ランチが肝なるビジネス発想
LHCが地球を滅亡させる時
3Mという視点
昔、何て呼ばれたか?を考えよう
格差の是正に難しさ
子を持つという重みを考える
日本人のルーツは朝鮮なの?
生きている事に深く感謝する
50億年の余命を知る
社会の負担から分担へ
海から見て々、日本の力
空・雨・傘
富裕家にコンプライアンスを!
インターネットが変える政治とは?
ストーカー予備軍にならないために
新聞という知性を読む
BCPが活かせない現実
スマホと同じテスラが売れる
文明という歯車は未だ回るのか
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2016.04月)掲載されたものを纏めたものです。