2017年4月30日日曜日

2017(平成29年).04.30書評

先週の評点:
「ともに読む古典: 中世文学編」(〇):松尾葦江、「枕と寝具の科学 (おもしろサイエンス)」(◎):久保田博、五日市哲雄、「知らなかった、ぼくらの戦争」(〇):ビナード,アーサー、Binard,Arthur、「データブック 格差で読む日本経済」(◎):みずほ総合研究所、「毎日っていいな」(△):吉本ばなな、「星をつける女」(〇):原宏一、「血」(△):新堂冬樹。
少し、多めのチョイス。吉本さんの日常には興味あったが、唯の呟き。残念。新堂氏の多作には感服するが、内容がいつもイマイチだ。どうにかならないのか?
今週のお題:
「2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する」:英『エコノミスト』編集部、 土方奈美訳、「単身急増社会の希望 支え合う社会を構築するために」:藤森克彦、「ウルトラ図解 めまい・耳鳴り: 治療の不安をなくす知識と生活術」:古宇田寛子、「高校生からはじめる プログラミング」:吉村総一郎、「愛さずにいられない: 北村薫のエッセイ」:北村薫、「向こうがわの蜂」:池永陽、「錯綜」:堂場瞬一。
ノンフィク5、小説2でややきつめか。どれも前評判悪い。困った。
近況:
春の陽気に浮かれてと言えれば幸せなことだが、どうも世の中きな臭い。北からはミサイルが飛んで来るかもしれないし、東からは車や農産・畜産物をもっと買えと言ってくる。四面楚歌が元々のお国柄なので、八方美人的外交でしか対応は出来ないのが痛い。そんな中、又もや、政治家の言葉尻を取って、天下取りした気分になっている低能なマスゴミがあり、やはり、世の中は浮かれているのかもしれない。
私の方は、本職の方はトラブルが機械にも人にも多発してややこしい。二足の草鞋の方は、必死で余暇を潰して作品創りに追われるばかりで相変わらず先が見えない。これらを浮かれているとは誰も言わないだろうが、ゆらりゆらりと行く末が見えない状況は一見浮かれているようにも見えてくるかも。家人もそろそろ復職で、ハードな時期を迎えるだろう。愚息は監督変更で益々試合への出場は絶望的になり落ち込みも激しい。しかし、それぞれの笑顔を揃えて食事が出来る限りに置いては、幸せな家庭にあることには違いないと思っている。


2017年4月23日日曜日

CGコレクション 2017.4月販売開始

古い羅針盤の表紙を飾ったCG画像を本に纏めました。


2017(平成29年).04.23書評

先週の評点:
「Tの衝撃」(△):安生正、「なかなか暮れない夏の夕暮れ」(△):江國香織、「文士の遺言 なつかしき作家たちと昭和史」(〇):半藤一利、「ビッグデータという独裁者: 「便利」とひきかえに「自由」を奪う」(◎):デュガン,マルク,ラベ,クリストフ、「超一極集中社会アメリカの暴走」(◎):小林由美、「国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで」(〇):安部川元伸。
フィク4、小説2.安生氏は意外に評点低い。その通りだった。臨場感が細かい自衛隊の上下関係や組織の説明で分断されてしまっている。江國氏は久しぶり。どうだろうか?これって他の書評では高く評価されている作品だが、私は気だるすぎて、且つ、読み難くて、苦手だ。それに比べ、半藤さんの独白的エッセーは昭和の初期段階の息遣いが聞こえてくるようで、楽しい。名だたる文豪たちの日常が見えるようで、今のスマートな作家では出せない色だろう。最後にBDは今回の表題の中心だ。他社との懇親会でこれに触れたら、アマゾンをワンクリックするだけで、我々は皮が一枚めくれているとのコメントが帰ってきた。確かに恐ろしい時代。考えれば、このブログも一部がグーグル様のフリーサイト。不味いよなあ。きっと今頃は、私の履歴書がしっかりと解析。生成されている気がする。困った。
今週のお題:
「ともに読む古典: 中世文学編」:松尾葦江、「枕と寝具の科学 (おもしろサイエンス)」:久保田博、五日市哲雄、「知らなかった、ぼくらの戦争」:ビナード,アーサー、Binard,Arthur、「データブック 格差で読む日本経済」:みずほ総合研究所、「毎日っていいな」:吉本ばなな、「星をつける女」:原宏一、「血」:新堂冬樹。
少し、多めのチョイス。吉本さんの日常には興味あり。ややスケベ根性でチョイス。さて、どうだろうか? 
現況:
桜も散り、穏やかな初夏の香りがすると思ったら、突然の雷雨と猛烈な風。どうも、落ち着かない。本では健全な睡眠の必要性と方法について、十分な知識を与えてくれているが、どうも実践に結びつかない。色々考えることが多いのだと思うが、せめて、就寝時間22-2時の間は死守しようと思っている。その時間帯に目が覚めたら、兎に角じっとベッドの中で息を潜める。そう努力しているが、春眠暁を覚えず状態は日中発生しており、困ったものだ。家人は束の間の休暇で、家事に勤しみ、家内安全だ。やはり、家事と仕事の両立が難しい。何処かでどちらも手を抜かないとやりきれないものだ。愚息は新学期で頑張っているが、これから半年後の受験勉強を考えると、親子ともども遣り切れず、受験終わったら何しよう?なんて、楽天的に考えたりしている。競争は社会には付き物だが、どうも現実的にはシンドイテーマだ。


2017年4月22日土曜日

AI不要の世の中で在りたい 古い羅針盤52章 発売開始

AI不要の世の中で在りたい 古い羅針盤52章 発売開始
AI不要の世の中で在りたい
古い羅針盤52章
●怖いぞ!デスクワークが
●内から見る経済の極み
●マッキンという嫌な言葉
●離婚を男の立場から考える
●RE100をご存じか?
●ロボット課税の真意
●失う知性もあるのか?
●頑張って読み解こう
●価値を考えてみる
●向かう先は同じ
●二兎追う者は?
●当たり前の事が出来ない辛さ
●マスコミの道具変遷を見る
●アストロバイオロジーなる学問を知る
●断捨離という言葉が嫌い
●医療のLCC化が始まった
●コンピューターが好きになる本
●美術館の楽しみ方とは
●イップスという名の病気
●知ってるようでしらない毛のお話
●怪魚を釣れたらと
●AI農業とは如何なるものか
●電話ひとつの思いやり
●つじつま合わせは政治家だけではない
●草花の声を聴く
●犯人探しの愚を憂う
●シーズとニーズから見るAIとは
●決して他人事ではないこと
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2017.03月)掲載されたものを纏めたものです。
●引用文献
「座りっぱなしが、あなたの健康を蝕む 本当は怖いデスクワーク」:佐々木さゆり
「わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち」:西牟田靖
「AIが同僚」:日経ビッグデータ
「人体-消化の旅 (ニュートン別冊)」:ムック
「先生、それって「量子」の仕業ですか?」:大関真之
「血圧の科学 (おもしろサイエンス)」:毛利博
「科学者18人にお尋ねします。宇宙には誰かいますか?」:佐藤勝彦
「バグは本当に虫だった-なぜか勇気が湧いてくるパソコン・ネット「100年の夢」ヒストリー91話」:水谷哲也
「新生オルセー美術館」:高橋明也
「イップス―スポーツ選手を悩ます謎の症状に挑む」:石原心
「ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業」:神成淳司
「毛の人類史 なぜ人には毛が必要なのか」:カート・ステン、藤井美佐子
「怪魚を釣る」:著者小塚
「大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました」:井上由季子
「つじつまを合わせたがる脳」:横澤一彦
「草花たちの静かな誓い」:宮本輝
「ルポ 希望の人びと ここまできた認知症の当事者発信」:生井久美子



2017年4月16日日曜日

2017(平成29年).04.16書評

先週の評点:
  「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」(〇):東山魁夷、「毒々生物の奇妙な進化」(◎):ウィルコックス,クリスティー、 Wilcox,Christie、「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」(◎):ショーン・スティーブンソン、 花塚恵、「定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!」(◎):大江英樹、井戸美枝、「処刑の丘」(△):ティモ・サンドベリ、 古市真由美、「源氏姉妹」(◎):酒井順子、「自由なサメと人間たちの夢」(△):渡辺優。
ノンフィク4、小説3のバランス取り。小説は翻訳ものが入っていて、重たい気がしたが、最近は結構ダメだしの判断が早く、上記△評価はそんな結果と判断して欲しい。新聞や雑誌の評点が高くても必ずしも自分に合わない本とは良く有るものだ。そんな中、「・・睡眠」も「定年・・」も家人にかなり近い話題なれど、多忙を理由に併読を断られてしまった。残念。心配ばかりしてどうするの?なるようにしかならない!と。なるほど、それはその通りなのだが。
今週の課題:
「Tの衝撃」:安生正、「なかなか暮れない夏の夕暮れ」:江國香織、「文士の遺言 なつかしき作家たちと昭和史」:半藤一利、「ビッグデータという独裁者: 「便利」とひきかえに「自由」を奪う」:デュガン,マルク,ラベ,クリストフ、「超一極集中社会アメリカの暴走」:小林由美、「国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで」:安部川元伸。
フィク4、小説2.安生氏は意外に評点低い。困った。江國氏は久しぶり。どうだろうか?
近況:
社外提携先を探して、上京。どこも、身内で何でもできる時代は終わったと言われている。いわんや、中小など悲惨だ。一人辞めたら、干上がる。そんな状況下で色々動いているけど、何処も人出不足。厳しいと実感。そんな中、多忙感で満足度もダウン。でもなあ、何もしなければ、暇からしれないが、いつの間にか、会社が潰れるって事、T芝やT電を見ていると、考えてしまう。一言で、経営者のせいだと片付けられるが、それを選ぶ日本の方法は減点主義の和合主義。大胆な取り組みなど出来るはずがないし、と思うのは私だけだろうか。
一方、お休み中の家人とは遅めの花見と「君の名は」で有名になったカフェでランチを頂いた。開店前にはそこそこの列待ちで、且つ、店内からは始業前カツ入れが聞こえてきたりしたで、何処も厳しいなあと、ほっとしたりした。まあまあの初夏の一日で、どうにか今週も此処までやってきた感じだ。



2017年4月9日日曜日

CGコレクション 2017.3月販売開始

古い羅針盤の表紙を飾ったCG画像を本に纏めました。

2017(平成29年).04.09書評

先週の評点:
「中野京子と読み解く 運命の絵」(◎):中野京子、「東大が考える100歳までの人生設計 ヘルシーエイジング」(◎):東京大学高齢社会総合研究機構、「「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方」(◎):松林薫、「この1冊ですべてわかる 情報セキュリティの基本」(〇):島田裕次、「出会いなおし」(◎):森絵都、「果鋭」(◎):黒川博行、「我らがパラダイス」(△):林真理子。
ノンフィク4、小説3.小説は大好きな黒川氏、久しぶりの林氏。黒川氏の今回の裏社会はパチンコ。林氏は今回もやはりだった。その分、森氏の短編集が秀逸。同じ作家でもこれほどの違いがあるのは何故か?知性の力か?
今週のお題:
  「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」:東山魁夷、「毒々生物の奇妙な進化」:ウィルコックス,クリスティー、 Wilcox,Christie、「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」:ショーン・スティーブンソン、 花塚恵、「定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!」:大江英樹、井戸美枝、「処刑の丘」:ティモ・サンドベリ、 古市真由美、「源氏姉妹」:酒井順子、「自由なサメと人間たちの夢」:渡辺優。
ノンフィク4、小説3のバランス取り。小説は翻訳ものが入っていて、重たい気がするが頑張ろう。
近況:
先週から続く、操業不調が重い。機械も人も故障するが、普段からのケアが欠かせないのは同じである。私も夏に向け?若干の再ダイエットチャレンジ開始。要は暴飲暴食防止と睡眠強化なのだが、これが意外に出来ない。欲望と節制のバランスは愚かな私にはいつも前者が勝っている。来週から出張が重なり、又もや、体力勝負になる。要注意である。愚息は新学期を迎え、無事クラス換えも終了しホッとしている。嫌いな同級生と一緒にならず、やや表情が明るい。どちらにせよ、総体が控え、その後は受験勉強。どこまでストレッチ出来るのかに掛かっている。家人は暫し休養中。表情も穏やかで家内安全だ。一緒に桜でも観に行こうと誘っている所。まあ、平和ぼけした田舎の生活を堪能している。

2017年4月1日土曜日

無料キャンペーン 4月分開始 「愉快な政治は好き?」

無料キャンペーン 4月分開始 「愉快な政治は好き?」
期間 4/1~5
愉快な政治は好き?
古い羅針盤38章
モノ申す人の取り扱いとは
情報発信の在り方を問う
一富士二鷹三茄子はみたか?
猿のお話し
ラーメンという歴史が見える
脳には取締役が必要!
パイオニアという宇宙視点を問う
翻訳家という理性の橋を問う
残業という偽証
歴史に翻弄される日本住居
不愉快な政治
六百万年前発生した1%の奇跡
がんと言う金銭感覚
6秒を競い合うメデイアの世界
毒親という新たな就活
オムニとフィンテックの根っこにあるモノ
1兆個のセンサーが世界を俯瞰する世界とは?
男こそアンチエイジングが語るもの
パリの地下には何がある?
賞取りは寿命を左右するらしい
愉快な政治家とは?
囚人がハーバード大卒となる日
親には一人暮らしをさせなさいが、肝!
大学という入・出口論
資本主義の必然的終焉を問う(1)
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2016.01月)掲載されたものを纏めたものです。