2016年12月31日土曜日

2016(平成28年).12.31書評

先週の評点:
「歌麿決定版」 (別冊太陽 日本のこころ 245)(◎):浅野秀剛、「介護殺人:追いつめられた家族の告白」(〇):毎日新聞大阪社会部取材班、「シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問」(◎):パトリック・キングズレー、藤原朝子、「宇宙ロケット工学入門」(〇):宮澤政文、「松田さんの181日」(〇):平岡陽明、「氷の轍」(〇):桜木紫乃、「優しい街」(-):新野剛志。
近況:
いよいよ、今年も最後だ。少ない休日も必死で書評の纏めやエッセーや小説群の整理に追われている。はや、二足の草鞋を履いて丸4年。初刊本は十数年前に出したのだから、作家としては公的にはそれだけのキャリアになるのだろうが、本腰を入れて、自らも編集作業とイラスト作りまでしたのは、この数年間だ。全てを一人で行うので、出来は当然、もう一つなのだが、それでも、段々と要領も覚え、且つ、書きながら読むことで常に刺激が与えられ、偶に小説の神様が耳元で囁いてくれる事もあり、何とか此処までやってきたという事かも。何せ、本業こそはしっかりと責務を果たす必要が有る訳で、当然創作の方については、余暇と睡眠時間を削って対応という形にならざるを得ないのは売れない作家・イラストレーターの宿命なのだ。とは言え、苦境は相変わらずだ。当初はKDPの品管と大喧嘩をしたし、小説を書こうGrからは出入り禁止まで頂いた。それでも、面白いものは面白いはずと信じて、書き続けている。最近のグッドニュースはKDPが読まれたページ数見合いのロイヤリテイ制度に変えた結果、ある程度努力して書いた分、収入が保障されるようになった点かもしれない。従来の出版機構では大手出版社に作品を持ち込み、編集者に評価された作品のみが出版・販売され、しかるのちにその印税で作家は収入を得ることになる。よって、現実には、殆どの作家が物書きだけでは食えない状態が続いている。それがネット上で自由に読者側に閲覧選択権のある仕組みは、随分と広大な世界を作家たちに与えてくれていると思えてくるのだ。但し、多数の目でチェックされた、あるいは校正された、あるいは適切なサジェッションを受けた作品に較べれば、ネット上の作品はどうしても粗削りになりがちだ。其処を常に謙虚に反省しながら、売れっ子作家のレベルを横目で見ながら、自己研磨するしかないのだろうと私は腹を括っている。
売り上げが立てば、唯の趣味扱いにしかされないデスクワークを仕事だと家人に豪語出来るし、ひたすら単調な受験勉強に苦慮する愚息の心の支えにもなろう。(但し、パチンコやゴルフで時間を潰す普通のお父さんたちに較べて、やや知性的ではないか程度の意味でしかないのだが)まあそんなよれよれ状態で、今年も幕を閉じようとしている。暫しは両実家への帰省ツアーで心と身体を休める積りだ。明日、明後日は恒例の年後半、年総合の書評結果の発表で、お茶を濁す積りだ。読者の皆さん、今年も読んで頂きありがとうございました。来年も引き続き、宜しくお願い致します。


2016年12月25日日曜日

2016(平成28年).12.25書評


先週うの評点:
「環境破壊図鑑 ぼくたちがつくる地球の未来」(〇):藤原幸一、「難病にいどむ遺伝子治療」(〇):小長谷正明、「私、山の猟師になりました。: 一人前になるワザをベテラン猟師が教えます!」(〇):三好かやの、「危険ドラッグの基礎知識」(〇):舩田正彦、「煽動者」(-):ディーヴァー,ジェフリー、 Deaver,Jeffery、「望み」(◎):雫井脩介、「水に立つ人」(◎):香月夕花。
少し欲張り過ぎたか。特に小説群は選別は良かったが、読み切れるか不安だったように、扇動者まで至らず。それ以外は小説群が良好。その分、ノンフィクの方は小造りかな。
今週の課題:
「歌麿決定版」 (別冊太陽 日本のこころ 245):浅野秀剛、「介護殺人:追いつめられた家族の告白」:毎日新聞大阪社会部取材班、「シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問」:パトリック・キングズレー、藤原朝子、「宇宙ロケット工学入門」:宮澤政文、「松田さんの181日」:平岡陽明、「氷の轍」:桜木紫乃、「優しい街」:新野剛志。
ノンフィク類はどれもシリアスなもの。そして若干元エンジニアの意地でロケットのお勉強。この分野も中国が世界をリードしそうだ。小説群はあの恐ろしい桜木さんだ。人生を虚無感で埋め尽くす絶望感を描く力は凄いし、嫌になる。怖いもの見たさで読んでしまうのだが。
近況:
これにて、今年の書評は終了だ。次は恒例の2016年の後半まとめと通年まとめのレポートになる。長い一年だった気もするし、短かったのかも。二足の草鞋も何とか、生き抜いた中年人生の花道の為と頑張ってきたが、さてその成果は?その分、家人は益々しっかりとし、主婦とパートを両立させ、愚息は愚息なりに青春を走っている。
読者の方々にはまた、来年も宜しくとお伝えして今年の本稿を閉めることに致します。


2016年12月20日火曜日

進化を呼ぶ遺伝子社会: 古い羅針盤48章 発売開始

進化を呼ぶ遺伝子社会
古い羅針盤48章
著者 佐伯一郎
CG あや工房
出版社 KDP(アマゾン電子出版)

目次
NPO法人という社会貢献
偶然という罠に嵌る時
時代を切るしんどさ
殺人という仕掛けを詠む
中国という幻想を斬る
グローカルが通じない世界
スローファイヤーをご存じか?
コンビニいう小説フィールド
人間は何処までシェアしたら良いのか?
街歩きの孤独家ゴッホ
ちゃぶ台返しに見えた大統領選
AIはサラブレッド
ベーシックインカムという保障
長時間労働という罠
スキャンダルというおいしい餌
複雑な触感というセンサー
冷静な技術革新とは?
国債に置ける課題とは?
ドローンを知る
抽象画という必然
遺伝子から見る進化
結果が全てを反映する
160万人という死者を問う
EV化のすそ野が拡がっている
女心と秋の空
ぼくは原始人にはなりたくない

●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2016.11月)掲載されたものを纏めたものです。

引用文献
「図解 NPO法人の設立と運営のしかた」:宮入賢一郎&中澤 正人
「偶然」と「運」の科学」:マイケル・ブルックス、 Michael Brooks
「西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII」:石田衣良
「QJKJQ」:佐藤究
「逆転の大中国史 ユーラシアの視点から」:楊海英
「明るい夜に出かけて」:佐藤多佳子
「ゴッホの地図帖 ヨーロッパをめぐる旅」:ニーンケ・デーネカンプ、 ルネ・ファン.ブレルク
「朝からスキャンダル」:酒井順子
「触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか」:リンデン,デイヴィッド・J.、 Linden,David J.
「 図解 次世代火力発電-環境性・経済性を両立する実用化への道」:高橋毅
「トコトンやさしいドローンの本」:鈴木真二
「もっと知りたいカンディンスキー―生涯と作品」:松本透
「遺伝子の社会」:イタイ・ヤナイ、マルティン ・レルヒャー
「無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教」:鵜飼秀徳
「ぼくは原始人になった」:グレアム,マット、 ヤング,ジョシュ

2016年12月18日日曜日

2016(平成28年).12.18書評

先週の評点:
「経済用語図鑑」(◎):花岡幸子、浜畠かのう、「図説 金の文化史」(〇):ゾラック,レベッカ、フィリップス,ジュニア,マイケル・W.、「ごみゼロへの挑戦 ゼロウェイスト最前線」(〇):山谷修作、「マラス 暴力に支配される少年たち」(〇):工藤律子、「すみなれたからだで」(△):窪美澄、「告白の余白」(〇):下村敦史、「under the bridge」(〇):堂場 瞬一。
やや厳し気に採点。ノンフィクと言えども、その視点と切口が必要だろう。事実の羅列では関心を呼ばない。小説群も惜しい。堂場氏は意欲的に事件場所を海外に置いたが、無理はないか?下村氏は京都弁が却って鬱陶しい。其処に住んでいたからではないが、あのもったりした京都の雰囲気に事件の鋭さはどうか?
今週の課題:
「環境破壊図鑑 ぼくたちがつくる地球の未来」:藤原幸一、「難病にいどむ遺伝子治療」:小長谷正明、「私、山の猟師になりました。: 一人前になるワザをベテラン猟師が教えます!」:三好かやの、「危険ドラッグの基礎知識」:舩田正彦、「煽動者」:ディーヴァー,ジェフリー、 Deaver,Jeffery、「望み」:雫井脩介、「水に立つ人」:香月夕花。
少し欲張り過ぎたか。特に小説群は選別は良かったが、読み切れるか不安。
近況:
師走で多忙と言えば、聞こえが良いが、身体のあちこちに無理がきて、不調だ。例の口内炎(と言っても舌に出来る難物)と若干の腰痛、それに加えて、喉が風邪気味で痛いし、足は何かに被れたらしく、痒みが止まらない。更には、毛染めで頭皮が激しいアレルギーを起こし、膿がとろとろと出てくる始末。長くなった頭髪を床屋で切りたいが、ままならず、今日に至っている。更に、寒さとせいと考えたいが、血圧が限界値上限をうろちょろしていて、危なっかしい。皆さんに健康の羅針盤なんか書いている暇が無いな?とか嘯くも値は一向に下がらない毎日だ。
一方、年初から低迷していた豪ドルはようやく元値に戻り、大幅な損を解消しつつあるし、ロイヤリテイ制度になったKDPの売り上げも右肩上りだ。体調さえ良ければ、イケイケGOGOなのだが、どうもそうはいかないのが私らしいと自虐的に考えている。
そんな父親に似たのか、破竹の勢いだった愚息の成績も同じ壁にぶつかって、鼻歌がすっかり影を潜めている。それに連動して、家人の機嫌は益々悪くなり、早く来い冬休み!なんて、気分でいるのだ。


2016年12月15日木曜日

健康の羅針盤4 発売開始

健康の羅針盤四 六百万年の人体史に酔う
目次
●テストステロンとで更年期を乗り切る
●メリハリの効いた社会保障の名案
●まあまあと、とことん、の狭間
●葬儀とは一体の誰の為か?
●男が選別される時代が来た!
●田舎者には荷の重い駅歩き
●二兆円という贅肉市場
●ジジババは都会から出て行けと?
●野菜工場の将来
●音楽が命を救うという事実
●努力という男女の関係
●タレントに頼るお酒のブランド力
●健康は格好のテレビ番組
●ある医師の引退
●がんと言う異細胞
●肥満は空気で対処?
●獣以上に獣なのは?
●大麻が許可される時代が来る?
●十年という不便さを問う
●ワーク・ライフとケアバランス必要?
●ダンベルは必要か?
●寸止めの極意
●人生の最後の楽園とは?
●会話というコンシェルジェ
●マジョリテイは誰か?
●六百万年の知恵と欠陥
●電気なしで生き抜く老人
●超老々介護の未来
●六百万年の反省を糧に
●カフカとうどん
●心の悩みは高度な化学反応
●アンチエージングの心得
●多縁という新たな価値観
●セロトニンが日本人をダメにする
●ゲノムという神の手を考える
●軽老時代の幕開け
●イートインなる新たな修羅場

●引用文献
「うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい」:堀江重郎
「社会保障亡国論」:鈴木亘
「日本の社会保障」:広井良典
「葬送の仕事師たち」:井上理津子
「家族計画」:芦崎笙
「ビジネスパーソンの街歩き学入門」:藤巻幸夫
「太る生き方 太らない生き方」:桐山秀樹
「全国市町村要覧」:市町村要覧編集委員会
「図解 よくわかる植物工場」:高辻正基
「アウシュヴィッツを志願した男」:小林公二訳
「助産婦の戦後「:大林道子
「連続テレビ小説 マッサン」:羽原大介
「ためしてガッテン 脱・高血圧の「超」特効ワザ」:NHK科学・環境番組部
「ドクター ハウスコンプリート コレクション」:Hugh Laurie
「医療否定本の嘘」:勝俣範之
「健康寿命の延ばし方」:大渕修一
「二千五十年年 超高齢社会のコミュニティ構想」:若林靖永
「脱出老人: フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち」:水谷竹秀
「オールド・テロリスト」:村上龍
「人体六百万年史:科学が明かす進化・健康・疾病」:ダニエル・E・ リーバーマン
「老後破産:長寿という悪夢」:NHKスペシャル取材班
「私的読食録」:角田光代、堀江敏幸
「こころの健康診断」:仮屋暢聡
「多縁社会」:篠原聡子
「心も脳も整える! セロトニン呼吸法」:有田秀穂
「遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える」:フランシス・S・コリンズ、矢野真千子訳

●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(二千十五・四月~二千十五・十二月)掲載されたものの中から、健康に関するエッセー分を纏めたものです。

2016年12月11日日曜日

2016(平成28年).12.11書評

先週の評点:
「人は皆、土に還る」(△):曽野綾子、「万博の歴史:大阪万博はなぜ最強たり得たのか」(◎):平野暁臣、「がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生」(◎):奥野修司、「みかづき」(◎):森絵都、「刑罰0号」(△):西條奈加、「少年聖女」(△):鹿島田真希。
この時節になると、厳しい冬を人生に例え、どうエンデイングを迎えるか?などと考えがちだが、迷った時はこの元気の良いの曽野綾子おばさんの登場が必然と多くなるのだが、内容は最悪だったか。みかづきは良作。是非読んでほしい。
今週の課題:
「経済用語図鑑」:花岡幸子、浜畠かのう、「図説 金の文化史」:ゾラック,レベッカ、フィリップス,ジュニア,マイケル・W.、「ごみゼロへの挑戦 ゼロウェイスト最前線」:山谷修作、「マラス 暴力に支配される少年たち」:工藤律子、「すみなれたからだで」:窪美澄、「告白の余白」:下村敦史、「under the bridge」:堂場 瞬一。
近況:
師走の慌ただしさが続いている。年末に掛けて、色々な纏めをする時期でもあるのに、なかなかそちらまで手が回らなくて、多少イラついている。それに加え、飲み会も続き、うっかり飲み過ぎて、翌日の作業効率が随分と落ちてしまったりで、家人に、自己責任!と一刀両断されている。愚息は想定外の試験の出来の良さに気を良くして、勉学に力が入るようになってきた。こちらもその煽りで、頑張らないといけないのだが、言い訳ばかりで中々前に進まない。自分のことながら、困ったものである。



2016年12月9日金曜日

健康の羅針盤3 発売開始

健康の羅針盤三 エボラと肥満の狭間
目次
●リスクを取りたくない若者を叱る中高年
●自ら死を選ぶ勇気が持てるか?
●久々のギックリ腰に弱る
●発想の転換で高齢化を考える
●原発事故と同様の医療事件
●一ドルの食事代の意味
●肥満という必然に驚かず
●三十万人を超えた体外受精を考える
●頑張るって、禁句にしなくっちゃ!
●砂場とスタバ
●徘徊という別な形の高齢化社会
●ノウハウは好きではないのだが
●肥満が世界を困惑させている
●十三億人の爆食恐怖
●蚊が天敵と言ったら笑われた
●マンネリと驕り
●エボラは原発に似ているか?
●努力と成果のバランス
●ボーナスの後はオーナスが来る必然性
●コンビニとドーナッツの相性
●エボラが広めるグローバル世界の闇
●高齢化社会をポジテイブに捉える
●神も仏も居ない地方の在り方
●神も仏も置けない日本の都会
●サラリーマンという死に様を考える
●最近サボっている事
●耐えがたきを耐える日本人気質とは?
●マッチョじゃないから、生きていける?
●ガラスの天井張りの妻の座とは?
●ABC検査という手抜き
●二mの生死
●自然の前のドンキホーテ
●健口管理で長生きできる?
●ホワイトデイに送るべきプレゼントとは?
●劇薬という存在がある
●さらさらっと、血圧降下?
●九%の賭博依存症を考える

●引用文献
「僕に死ぬ権利をください」:ヴァンサン・アンベール、山本知子訳
「たった3分で若さ復活! これが正しいラジオ体操」:多胡肇、 橋本健史
「放射線量適正化のための医療被曝ガイドライン」:日本放射線技師会
「適正農業規範GAPハンドブック」:長坂豊道
「低糖質チェンジダイエットのリアル」:主婦の友社
「不妊治療を考えたら読む本」:浅田義正、河合蘭
「老人漂流社会」:NHKスペシャル取材班
「加速する肥満」:ディードリ・バレット、小野木明恵訳
「食糧格差社会」:茅野信行
「テング熱」:魚住克也
「マクドナルド 失敗の本質」:小川孔輔
「エボラvs人類 終わりなき戦い」:岡田晴恵
「あなたのなかの宇宙」:ニールシュービン、吉田三知世訳
「全論点 人口急減と自治体消滅」:時事通信社
「東大がつくった高齢社会の教科書」:東京大学高齢社会総合研究機構
「青春の拳:渡辺あやひさ
「妻の病気の9割は夫がつくる」:石蔵文信
「ファーマゲドン」:フィリップ リンベリー、 イザベル オークショット
「毒と薬の科学」:佐竹 元吉
「流星ワゴン」:重松清

●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(二十一四・七月~二十一五・三月)掲載されたものの中から、健康に関するエッセー分を纏めたものです。

2016年12月6日火曜日

健康の羅針盤2 発売開始

健康の羅針盤二 医療と健康の狭間を歩く
目次
●十三夜 月を想う頃
●IKEYAやニトリの回し者ではないが。
●ブランドと寿命
●医療技術の進歩と人生観の折り合い
●二千百年の絵姿
●下りのエスカレーターと言う悲劇
●眠りたくなる、眠りのお話
●爆食がもたらす世界の悲劇
●一番絞りとブランド作り
●老人会ならぬ都知事選挙
●ロング・ナウ・時計をご存知か
●時間泥棒と運動神経
●二十年ぶりの風雪に勝てるか
●グリーフケアを考える
●夢破れて、山河無しとは
●空気が読めない愚かさ
●ワル顔は悪い性格からやってくる
●INPUTとOUTPUTという単純な問題
●悪事が蔓延るは当たり前
●コップの水の在り方を考える
●コーヒーが熱い、熱い、熱い
●取り敢えず、ビールではダメなTRIAGE
●グルメツアーに行く
●ニッシェをご存じか?
●慢性胃腸炎という診断は吉か?
●ゲームも音楽も揺らいでいる
●お酒を飲めない人への朗報
●居たぞ!ピロリ菌
●放任主義が、がん治療には良いらしい!
●渡辺淳一氏の死を悼む
●霜降り肉より、まずは牛乳を!
●深手を負ったインプラント後遺症
●数字で煽られてるのは、誰か?
●山ガールに煽られて
●二十十八年というピーク
●若さという希望と老いという絶望
●引用文献
「宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議」:吉田たかよし
「人間ドックと命の値段」:佐伯一郎
「悪医」:久坂部羊
「早起きのご利益」:佐伯一郎
「どうせ死ぬなら「がん」がいい」近藤誠
「失楽園」:渡辺淳一
「人間ドックと命の値段」:佐伯一郎
「謝るなら、いつでもおいで」川名壮志
●あとがき
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(二十一三・十二月~二十一四・八月)掲載されたものの中から、健康に関するエッセー分を纏めたものです。


2016年12月4日日曜日

2016(平成28年).12.04書評

先週の評点:
「錆と人間 (ビール缶から戦艦まで)」(〇):ジョナサン・ウォルドマン、 三木直子、「ぼくは原始人になった」(〇):グレアム,マット、 ヤング,ジョシュ、「ニセモノ図鑑: 贋作と模倣からみた日本の文化史 (視点で変わるオモシロさ!)」(◎):西谷大、「誰も知らない世界のことわざ」(◎):エラ・フランシス・サンダース、前田 まゆみ、「ドローン・スクランブル」(◎):未須本有生。
今回のノンフィクはどれも、もう一つか。錆は余りのも事象の羅列だし、原始人も自画自賛的描写が目立つ。むしろ、手作り感のある「ニセモノ」や「諺」が渋い。
今週のお題:
「人は皆、土に還る」:曽野綾子、「万博の歴史:大阪万博はなぜ最強たり得たのか」:平野暁臣、「がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生」:奥野修司、「みかづき」:森絵都、「刑罰0号」:西條奈加、「少年聖女」:鹿島田真希。
この時節になると、厳しい冬を人生に例え、どうエンデイングを迎えるか?などと考えがちだが、迷った時はこの元気の良いの曽野綾子おばさんの登場が必然と多くなる。
近況:
少し早いが、家族で上京し、クリスマス旅行。池袋(サンシャインCITY)→恵比寿(クリスマスマーケット)コースで愚息、家人の普段の憂さを晴らして貰おうと出掛けたが、やはり人の多さに閉口。今の僻地も同時に憂い、愚息曰く、この中間は無いのか?と。そこそこ利便性が良く、そこそこ人が存在する都市が欲しいものだと痛感。過密に過疎。これでは確かにバランスが悪い。経済格差の不満もやはりそこにあるのだ。
二足の草鞋の方は、ロイヤリテイ制度になってやや改善。少し、書き出す力になればと。イラストは低迷が続く。市場が歪んでいるせいかもしれない。師走になり、忙しい。帰省の準備も慌ただしい。どうにか健康で乗り切りたいものだと思っている。

 

2016年12月1日木曜日

無料キャンペーン 12月分開始 「隣国がヤバイ」

期間 12/01~12/05

隣国がヤバい
古い羅針盤34章
大麻が許可される時代が来る?
人工頭脳の後に来るモノ
ひとり出版社の生き方をなぞる。
出来ない理由探しの前に
ユニクロと人工頭脳
「今から仕事をやめてくる」が受けている
シェアという冠が増えてきた
歴史改ざんの厚顔さ
移民の問題を考えてみる
20cmの恐怖がやってくる
13億人の向う場所は?
逃げるが勝ちを憂うなかれ
合理性の観点を問う
ロイヤリテイの有り様
10年という不便さを問う
リスクへの対処方法を考える
ワーク・ライフとケアバランス必要?
300億円という強欲
輸出出来ないクールジャパン
ダンベルは必要か?
寸止めの極意
新たな人的資本投資の行方
ヤバいはヤバくなっている?
国からお金が出るというナンセンス
法人と国、従業員との距離感
NO1でなくてはダメなんですか?
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2015.09月)掲載されたものを纏めたものです。