2016年8月28日日曜日

2016(平成28年).8.28書評

先週の評点:
「なぜ蚊は人を襲うのか」(◎):嘉糠洋陸、「喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日」(◎):トム・バージェス、 山田美明、「世界のお墓」(◎):ネイチャー&サイエンス、「ニセモノの妻」(△):三崎亜記、「尻尾と心臓」(△):伊井直行、「神奈備」(△):馳星周。
ノンフィク3はどれも間違いない。小説3は事前書評は1~2(5が良好)の作品揃い通り。特に馳氏は振れ幅が大きい。残念。
今週のお題:
「「ユマニチュード」という革命: なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか」:イヴ・ジネスト、 ロゼット・マレスコッティ、「パラリンピックの楽しみ方: ルールから知られざる歴史まで」:藤田紀昭、「18歳からの政治入門」:日本経済新聞政治部、「TRADITIONAL JAPAN 日本の伝統&絶景100 (絶景100シリーズ)」:朝日新聞出版、「枕元の本棚」:津村記久子、「代体」:山田宗樹、「総選挙ホテル」:桂望実。
ノンフィク5、小説2と意欲的。
さて、私の近況だ。この3か月必死でオリンピック選手並み?に頑張ってきたダイエット活動の結果が血液検査だけだが、週末の人間ドックで判明。C判定の3つ(高血圧、高脂症、LDL)のうち、前者2つが目出度くAに、LDLが惜しくもBに留まった。まあ、体重で約5kg減少、腹回りで10cm程減少したのだから、当たり前とは言え、単純に嬉しい。毎日1万歩、筋トレ強化、食事制限(昼食軽め+麦飯+アルコールは週末のみ)でここまで出来た。ライザックは不要だ。やはり、そのきっかけは愚息の成長(十代の身体は美しい!)と数年間続いた会社からの警告だ。あのままでは大嫌いな薬漬けになってしまう恐れがあった。但し、胃カメラの結果(多分、胃壁がかなり荒れている)や肝臓の超音波検査(水泡があるらしい)、更には過剰な減量(やせ過ぎ)による警告が付き、総合判定のAには届かないと思う。詰まる所、老化により確実に肉体は劣化しているのだ。中東赴任時代はもっと食べ、もっと運動して、判定Aまで改善したが、もうそれは無理なのだろうと思う。頑張れ!と言われても気力も湧かない不思議さがある。諦観かもしれない。ちなみに、家人からは鶏ガラのようになってきたと揶揄される羽目になっており、考え直しが必要かも。
その家人は長い夏休みを謳歌中。やはり仕事と家事の両立は大変なのだろう。一方の愚息は実力と運不足でユニフォームを貰えず、落ち込みながらも何とかクラブ活動を続けている。余り勝負に拘らない彼が、密やかに個人練習に汗を掻くのは、やはり悔しいからだと思う。世間では半グレ達の悲惨な事件が報道されているが、中学~高校はある意味で一番難しい遷移期なのだと思う。付かず離れずに温かく見守ってあげたいと思っている。




2016年8月27日土曜日

AI人事部長に仕える  古い羅針盤44章 発売開始

AI人事部長に仕える
古い羅針盤44章
食品廃棄の暗闇とは?
税という厄介者を考える
物語が必要な時が来る!
失政という離脱結果
AI人事部長殿の登場
普天間の元にあるモノ
インバウンドの心得を知る
廃炉が日本の未来を変える
都会は人を悪くする?
自己責任という重み
温故知新とIOT
敗者に学ぶ点大いに在りや?
日本語が好きになる本
知性という力を知る時
希望はやはり、若い人へと。
殺人は肯定されるのか?
自死という選択肢が見える
葬式仏教になった理由とは?
日常茶飯事のテロ行為
GOなる任天堂の成功体験
水という奇跡がある
国威という名のポピュリズム
政治を若者の手に!
大災害から謙虚に学ぶ
命と向き合う勇気があるか
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2016.07月)掲載されたものを纏めたものです。
引用文献
 「産廃Gメンが見た 食品廃棄の裏側」:石渡正佳
「小説王」:早見和真
「万引き老人」:NHKスペシャル
「沖縄戦 全記録」:NHKスペシャル取材班&伊東 ゆう
「訪日外国人観光客ビジネスがよ~くわかる本」:森山敬
「福島第一原発廃炉図鑑」:開沼 博
「下町ロケット2 ガウディ計画」:池井戸潤
「敗者烈伝」:伊東潤
「日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A」:橋本陽介
「この世界を知るための 人類と科学の400万年史」:ムロディナウ,レナード
「向田理髪店」:奥田英朗
「自死: 現場から見える日本の風景」:瀬川正仁
「日本仏教史」:ひろさちや
「水の歴史 (「食」の図書館)」:ミラー,イアン
「大災害の時代 未来の国難に備えて」:五百旗頭真
「命と向きあう教室」:制野俊弘


2016年8月21日日曜日

2016(平成28年).8.21書評

先週の評点:
「お父さんが教える 13歳からの金融入門」(◎):デヴィッド・ビアンキ、 関 美和、「子どものこころのセーフティネット: 二つの自尊感情と共有体験」(△):近藤 卓、「胃がん 完治をめざす最新治療ガイド」(◎):佐野 武、「文字を作る仕事」(◎):鳥海修、「フェルメールの憂鬱 大絵画展」(-):望月諒子、「家族のシナリオ」(○):小野寺史宜。
今週の課題:
「なぜ蚊は人を襲うのか」:嘉糠洋陸、「喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日」:トム・バージェス、 山田美明、「世界のお墓」:ネイチャー&サイエンス、「ニセモノの妻」:三崎亜記、「尻尾と心臓」:伊井直行、「神奈備」:馳星周。
ノンフィク3、小説3のウェルバランスと思いきや、小説群の事前書評は1~2(5が良好)の作品揃い。 情けない。その程度の作品しか書けないのか?と自分をさておき、日本作家陣の奮起を願いたいものだ。
さて、私の近況。
怒涛の帰省終了し、ようやく元の田舎生活に戻るものの、やはり老両親の行く末は心配である。老々介護問題はその根っこに、経済問題がある。互いが年金で支え合うのは、如何にも辛い。健康で在り続けるのは良いが、その先はどうしても他人の手を借りなくては生きてゆかない厳しい現実がある。はてさて、唯遠地より、健在であることを願うだけの現状が情けない限りではあるのだが。
それに反比例するかのように、成績好調なオリンピック。とある批評家は、まるでブラック企業並みの成果だ!とスポーツ界の厳しい練習を揶揄していた。確かに、身体能力の低い日本人が世界に伍してゆくためには、究極の訓練が必要なのだと思う。但し、その是非は別だ。メダル崇拝を煽っているのは、マスゴミであり、そのマスゴミ自身も長時間労働の罠から抜け出せていない業界だ。
勝てば官軍、メダル有でしか評価されないスポーツ界の現実の中を、我々は冷静に見定め、頑張って人皆にエールを送る事は可能だと思う。
至近な例であるが、愚息はバスケで多分レギュラーになれない。小学生からクラブ活動しているエリート達にテクニックで負けるのだ。それでも挫けず(文句と愚痴はたらたらではあるが)この暑い夏の日に練習に勤しんでいる。バカ親の我々はそれを温かく見守るしか手立てがないのではあるが。


2016年8月15日月曜日

2016(平成28年).8.15書評

先週の評点:
「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」(◎):フレッド・ピアス、藤井留美、「西洋音楽史再入門: 4つの視点で読み解く音楽と社会」(◎): 村田千尋、「地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか」(◎):アン・ルーニー、 井田 仁康、「未見坂」(◎):堀江敏幸、「まほろ駅前番外地」(○):三浦 しをん、「at Home」:本多 孝好(△)。
今週の課題:
「お父さんが教える 13歳からの金融入門」:デヴィッド・ビアンキ、 関 美和、「子どものこころのセーフティネット: 二つの自尊感情と共有体験」:近藤 卓、「胃がん 完治をめざす最新治療ガイド」:佐野 武、「文字を作る仕事」:鳥海修、「フェルメールの憂鬱 大絵画展」:望月諒子、「家族のシナリオ」:小野寺史宜。
私の近況は帰省中だった事が一番大きいか。高校の同級会や大学の東京地区同級会もすっ飛ばし、誠に申し訳ないが、家族&親族重視でこの夏休みも終わりそうだ。最近の経済系週刊誌にも「実家の大問題」が特集として組まれているし、プレジデントも同じ題目だ。「亭主は元気で留守が良い」ではないが、とりあえず、我が両親はそれぞれ顕在で且つ、痴ほう症にも掛からず、相変わらず二人で何とかやってくれている。まあ、頼りの無い愚息故の諦観の結果ではあるが。その分、根無し草の人生も辛いものがあり、まともに同級会への出席も出来ないで居る訳だ。
さてさて、元気をあげたのか(少なくとも、伸び盛りの我が愚息は元気を与えてくれたはず)、貰ったのか(元気というよりは安心かな)、それは定かではないが、血の繋がった家族が共にこの日本で生きているという事は嬉しい限りだ。その意味では娘や孫たちには不義理をしているが、それは又、別な問題だ。まずは、見送る方をしっかりとフォローしなくてはと思っている。







2016年8月14日日曜日

2016年前半書評まとめ

 一か月遅れで申し訳ないが、夏休みの読書の一助にと、前半の◎を列挙し、その中から特に推薦出来る作品を挙げる事にしたい。書評でも繰り返したように、小説を含むフィクションものは読むのに時間が掛かるし、良作に出遭うのは至難の業だ。その一方、ノンフィクは昨今の誰でも自由に本が書ける環境良化のせいで、実に多くの良書が見つかる。こちらは書く能力というよりは、取材能力とその知性の範囲に大きく依存するからだろう。
売れない作家としては痛し痒しではあるが、小説を3篇、ノンフィクを5篇と選ぶことにした。

小説:「ロゴスの市」(◎):乙川優三郎氏、「真犯人」(◎):翔田寛氏。「冬の光」(◎):篠田節子氏、「ドローンランド」(◎):ヒレンブラント,トム、 Hillenbrand,Tom氏。「ブロッケンの悪魔 南アルプス山岳救助隊K-92016」(◎):樋口明雄氏。「終わった人」(◎):内館牧子氏、「軽薄」(◎):金原ひとみ氏、「蓮の数式」(◎):遠田 潤子氏、「「ムーンナイト・ダイバー」(◎):天童荒太氏。「ラストフロンティア」(◎):楡周平氏、「ミッドナイト・ジャーナル」(◎):本城 雅人氏、「マチネの終わりに」(◎):平野啓一郎氏。「パンドラの少女」(◎):M・R・ケアリー、 茂木 健訳、「カエルの楽園」(◎):百田尚樹氏。

ノンフィク:「10代の脳 反抗期と思春期の子どもにどう対処するか」(◎):ジェンセン,フランシス、 ナット,エイミー・エリス、「限界マンション ―次に来る空き家問題」(◎):米山秀隆氏、「山口宏子氏、「秘密の地下世界」(◎):ナショナル ジオグラフィック、「図像学入門 疑問符で読む日本美術」(◎):山本陽子氏、「男こそアンチエイジング」(◎):「限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭」(◎):ジェレミー・リフキン、柴田裕之訳、「親には一人暮らしをさせなさい」(◎):三村麻子氏、「女性と子どもの貧困~社会から孤立した人たちを追った」(◎):樋田 敦子氏、:「刑罰はどのように決まるか: 市民感覚との乖離、不公平の原因」(◎):森 炎氏、「おひとりさまの最期」(◎): 上野千鶴子氏、「刑罰はどのように決まるか: 市民感覚との乖離、不公平の原因」(◎):森 炎氏、「依存症の科学 いちばん身近なこころの病」(◎):岡本 卓氏、 和田 秀樹氏、「日本の食文化史――旧石器時代から現代まで」(◎):石毛 直道氏、「人類と家畜の世界史」(◎):フェイガン,ブライアン氏、「NHKスペシャル アジア巨大遺跡 兵馬俑・バガン・縄文・アンコール」(◎):NHK取材班、「、「ウルトラクルーザー 自作飛行機で空を飛ぶ ー部品発注から作り方・申請・乗り方・整備の仕方まで」(◎):藤田恒治氏、「今どきコトバ事情:現代社会学単語帳」(◎):井上俊氏他、「16歳の語り部」(◎):雁部 那由多氏他、「これから始まる「新しい世界経済」の教科書」(◎):スティグリッツ,ジョセフ・E.、 Stiglitz,Joseph E.、「マナーの正体」(◎):綿矢 りさ氏他、「ギリシア人の物語I 民主政のはじまり」(◎):塩野七生氏、「「人間VSテクノロジー:人は先端科学の暴走を止められるのか」(◎):ウェンデル・ウォラック、大槻敦子訳、「21世紀日本の格差」(◎):橘木俊詔氏、「日本人はどこから来たのか?」(◎):海部陽介氏、「完全図解 海から見た世界経済」(◎):山田 吉彦氏、「五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち」(◎):リー・ ビリングズ、「ムーンナイト・ダイバー」(◎):天童荒太氏。「A Child is Born 赤ちゃんの誕生」(◎):レナルト・ニルソン、 楠田 聡・小川正樹、「新聞の正しい読み方:情報のプロはこう読んでいる!」(◎):松林 薫 「食糧と人類 ―飢餓を克服した大増産の文明史」(◎):/7ルース・ドフリース、 小川 敏子、「ゲノム革命―ヒト起源の真実」(◎):ユージン・E・ ハリス、 水谷淳、「働くことの哲学」(◎):スヴェンセン,ラース、 Svendsen,Lars、「俳句を遊べ!: コ・ト・バ・を・ア・ソ・ベ!Vol.1」(◎):佐藤 文香、「地底 地球深部探求の歴史」(◎):デイビッド ホワイトハウス、「ファーブル 驚異の博物学図鑑」(◎):イヴ・カンブフォール、奥本 大三郎、「貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで」(◎):カビール セガール、Kabir Sehgal、「知識ゼロからの国宝入門」(◎):和田 哲男氏、「働き方Next 選ぶのはあなた」(◎):日本経済新聞社、「小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの」(◎):森 健、「Audio Beginner's Club From Zero ゼロから理解するオーディオ入門帳」(◎):「ルノワールへの招待」(◎):朝日新聞出版、「科学者の目、科学の芽 (岩波科学ライブラリー)」(◎):岩波書店編集部、「トルコ 中東情勢のカギをにぎる国」(◎):内藤 正典氏、「われらが胸の底」(◎):澤地 久枝、落合恵子氏、「うた合わせ 北村薫の百人一首」(◎):北村薫氏、「日本を変える! 若手論客20の提言」(◎):田原総一朗氏、「金田一秀穂の心地よい日本語」(◎):金田一 秀穂氏、「日本の思想をよむ」(◎):末木文美士氏、「幕臣たちは明治維新をどう生きたのか」(◎):樋口雄彦氏

そして、前半での推薦本は以下の通りだ。
小説:「ロゴスの市」(◎):乙川優三郎氏、「ドローンランド」(◎):ヒレンブラント,トム、 Hillenbrand,Tom氏。「終わった人」(◎):内館牧子氏

ノンフィク:「10代の脳 反抗期と思春期の子どもにどう対処するか」(◎):ジェンセン,フランシス、 ナット,エイミー・エリス、「限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭」(◎):ジェレミー・リフキン、柴田裕之訳、「五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち」(◎):リー・ ビリングズ、「地底 地球深部探求の歴史」(◎):デイビッド ホワイトハウス、「貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで」(◎):カビール セガール、Kabir Sehgal

2016年8月7日日曜日

2016(平成28年).8.07書評

先週の評点:
「アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に」(◎):NHKスペシャル取材班、「フランス人がときめいた日本の美術館」(◎):ソフィー リチャード、 山本やよい訳、「税金考 ゆがむ日本」(◎):日本経済新聞社、「失われた名画」の展覧会」(◎):池上 英洋氏、「イエスの幼子時代」(◎):J・M・クッツェー、 鴻巣 友季子、「ポーラースター ゲバラ覚醒」(-):海堂尊氏。
今週のお題:
「外来種は本当に悪者か?: 新しい野生 THE NEW WILD」:フレッド・ピアス、藤井留美、「西洋音楽史再入門: 4つの視点で読み解く音楽と社会」: 村田千尋、「地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか」:アン・ルーニー、 井田 仁康、「未見坂」:堀江敏幸、「まほろ駅前番外地」:三浦 しをん、「at Home」:本多 孝好。
ノンフィク3、小説3のチャレンジ。小説は優れ作家二人を選択。やや古いが。
私の近況は相変わらず、パッとしない。世の中、ブラジルオリンピックが始まり、浮足立っているかに見えるが、果たしてどうだろうか。ブラジルは2回ほど、延べ1か月位出張した事がある。暑くて、厳しい国という印象が残っている。だからだろうか?サッカーWカップの時も自分の中では盛り上がりに欠けた。スポーツ自体の神聖さが最近薄れ、わざわざオリンピックで盛り上げなくても良いスポーツも多い。更に次回の東京オリンピック。都知事が変わったり、予算がどんどんオーバーしたり、一体誰が責任者か分からないままに、ごりごりと進んでいる。太平洋戦争も実は、こうした何となくムードで突入したのでは?と我が国の流され易さに唖然とする。世界は経済格差に市民が憤り、エリートたちを突き上げに入っているのに、この国では未だ、エリートを目指して、受験勉強に勤しむ健気な若者たちが居る。愚息のその一人だ。良い高校、良い大学に入っても、そして、良い会社(きっと大企業の事?)に入っても幸せになるなんて、誰も保証してくれない。それが家人含めて分かっているのだが、そうは言っても取りあえず、勉強しておこうみたいな。
ついでに、この時期は高校野球と盆休み、更に帰省が重なってくる。昔は夏休みなど学校には存在しなかったようだから、今の子たちはちょっぴり幸せか?
今年の夏も高校、大学、それぞれの同級生と逢う事が出来ない根無し草だ。取りあえずは、老親の様子だけでもしっかりとフォロー致したく。






2016年8月2日火曜日

深淵なる政治的経済  古い羅針盤43章 発売開始

深淵なる政治的経済
古い羅針盤43章
目次
3万分の一の確率からの脱却
驚きから普遍へが科学の道
トルコという摩訶不思議な国
反戦の歌を聞く
企業と人の永続性
百万分の一という確率
石炭忌避なる恐怖
未来をどう読むかが問われている
政治的経済学の勧め
消費は縁なるものから?
オーラが読める時代が来る
日本は変える?とは何か?
繰り返される政治家や首長の不祥事
心地よい小話を!
深淵なる経済政策
現代寓話という警鐘
短歌と言う自由さを歌う
白旗に在らぬ白票の意味
小出しはダメな自動車業界
3億丁の恐怖
明治維新の生き抜き方を知る
思想の手掛かりを得るために
和の根源を探る
老いという気負いを持つべきか
パラダイムシフトという矛盾
550万部と124万部というマスメディア
●あとがき
 本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2016.06月)掲載されたものを纏めたものです。

2016年8月1日月曜日

8月無料販売キャンペーン実施します。 「欺瞞と贅肉の世界を切る」 古い羅針盤30章

期間 8/1~5
目次
社会的不適合という視野
火事場の泥棒的、国内火力発電事情
人間は映画のヒーロー様にはいかない!
割れ窓理論
電力コストの欺瞞を解く
BEINGとDOINGのバランスが違う
宗教という仕掛けを問う
警察には絶対捕まるな!
点ではない、面を描く作家に酔う
発電所のバーゲンセールが始まった。
どこもかしこも、八方美人
3Dプリンターの実力
裏口入学を正式化する方法
政治のGとL
葬儀とは一体の誰の為か?
気候カジノと大阪都構想
ダイレクトパスと農協
男が選別される時代が来た!
オワハラをご存じか?
反日モンスターを読む
気候のカジノは回ってる!
作家の業それとも諦観
田舎者には荷の重い駅歩き
ゴルフ場が太陽光発電所に変わる世相
2兆円という贅肉市場
非行という負の連鎖