2015年5月31日日曜日

2015.5.31書評


先週の評点:
「家裁調査官が見た現代の非行と家族: 司法臨床の現場から」(◎):廣井 亮一氏、「変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術」(○):福岡伸一氏、「利休の闇」(○):加藤廣氏、「マル暴甘糟」(◎):今野 敏氏。
「家裁・・」は非行事例が山のように掲載されている。本当に非行になるかならないかは紙一重だ。事例は必ず、両親や友人が背景として書かれている。要は環境次第で人は簡単に変わるものだと痛感。福岡博士の今回のエッセーはもう一つかな。STAP細胞へのコメント、もっと突っ込んで欲しかった。「利休・・」はきっと真実を描いているのだろうが、これを小説とするかしないか。「利休に聞け」はもっと想像力を聞かせて、利休を描いていたと思う。加藤氏は天下の著名人を普通の凡人扱いにするのに使命感さえ感じる。その考え方じは同感する(誰もそれほど変わらない。周囲や社会の協力あってこその有名人なのだから)が、小説はそれに肉を付けて、面白おかしく描きあげるのが作家の手腕の様な気がする。それに比べると。今野氏のマル暴は人物が生き生きしている。それが例え、腐れヤクザやダメ刑事でも、人間臭くて楽しい。
今週の題目。
「レジリエンスとは何か: 何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる」:枝廣淳子氏、 「モナ・リザ・コード」:ヘイルズ,ダイアン、「永い言い訳」:西川美和氏、「僕とおじさんの朝ごはん」:桂 望実氏。
先週と同じ、配分でフィクションとノンフィクションを選択。「モナリザ・・」と「僕と・・」の事前書評は低い。う~ん。
さて、私の近況は腰痛は相変わらずで実家の母も苦しんでいるらしい。遺伝のお陰か?親の良い点は遺伝しないとはまさにこれだろう。更に口内炎で食べ物がのどに通らない。家人は睡眠不足という。少し、仕事のペースを落としていて様子見だ。それにしても、戦争ばかり遣りたい政治家が多過ぎる。是非は別として、国民の福利厚生の将来の不安を解消する事に何故、情熱を燃やす者が現れないのか?政治家たちが裕福過ぎて、一般市民の生活感を無くしたら、それこそ政治空白は当たり前の気がするのだが。









2015年5月30日土曜日

6月無料キャンペーン開始。


6月無料キャンペーン開始。
作品名:「カタツムリの人生」
筆者:佐伯一郎
CG:あや工房
出版社:アマゾンジャパン(KDP)
期間:6/1(月)~5(木):5日間


第一回目の「早起きのご利益」38冊。第二回目の「人間ドックと命の値段」は0冊。第三回目の「無知と老衰」は27冊、第四回「シェールガス考察」は19冊、第五回「足で稼ぐ」は計37冊、第六回「素振りという事実」は計33冊、第七回「この世に残すもの」は28冊、第八回「ビッグデータと不条理」は24冊、第九回「時空の使い手」は18冊購買されました。 読者の方々、有難う御座いました。



2015年5月25日月曜日

2015.5.24書評


先週の評点:
「気候カジノ」(◎): ウィリアム・ノードハウス、 藤﨑香里訳、「日本人は日本をどうみてきたか: 江戸から見る自意識の変遷」(○):田中優子氏、「「反日モンスター」はこうして作られた 狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉」(◎):崔 碩栄氏、「家族計画」(◎):芦崎 笙氏、「夏の雷音」(△):堂本瞬一氏。
先週もドキュメンタリーが多かったが、「日本人・・」は文献の羅列であり、それからの類推、推敲がが不足している。あれで日本人気質を論じるのは如何なものか。「反日・・」は韓国人の筆者が書いている点に意味があると思う。「家族計画」は意外なヒット。これで2作目。頑張ってほしい。やはり、社会の課題を背負い込んで書くか、エンターテイメントに徹するか、小説家はしっかりと軸を持った方が良いと思う。
今週の課題:
「家裁調査官が見た現代の非行と家族: 司法臨床の現場から」:廣井 亮一氏、「変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術」:福岡伸一氏、「利休の闇」:加藤廣氏、「マル暴甘糟」:今野 敏氏。
 ノンフィクとフィクの半々を選択。若者の非行は最近、いきなり殺人に至っている。我慢が不足している気がする。その辺りが分かればと「家裁・・」を選択。福岡博士は久々だ。氏は芸術と科学の接点にずっと拘っている。加藤氏も久々だ。戦国時代に氏は拘りが深い。「マル暴・・」は完全にオフ用。楽しみたいだけ。
 さて、私の近況は腰痛若干良好になれど、梅雨時になり、朝のウォーキング機会を失いそうで心配。時たま、出張で上京すれど、既に都会は夏化粧で、露出度満開の女性の姿に腰を抜かしているくらいだから、可愛いものだ。いやあ、田舎者には都会は辛い事が多い。しかし、都会の景気は向上している雰囲気は確かに感じる。皆、お忙しそう。この僻地は企業が団地を撤退した跡地に、立派な一戸建て住居が建て並び壮観だ。又、休耕地には、あの悪名高き太陽光発電所がどんどん建設され、同じ首都圏と言えども、景色の違いは誠に大きく、哀しくなるのだが。
 

2015年5月18日月曜日

2015.5.17書評


 先週の書評:
「葬送の仕事師たち」(◎):井上理津子氏、「それでもボクは会議で闘う――ドキュメント刑事司法改革」(○): 周防 正行氏、「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」(○):深谷 敏雄氏。
 いずれもドキュメンタリーだったが、取材量とその努力では、井上氏だろうか。たった一人で、掘り下げたテーマに喰い付くジャーナリズムこそが、彼らの役目なんだと思う。周防氏は専門用語が多過ぎる。正確に表記が必要だったろうが、監督なんだからもっと脚色して欲しかった。深谷さんのドキュメンタリーも凄いものがある。戦争と個人の人権の深く哀しいテーマだ。但し、元スパイ活動が主題になっており、専門軍人としての運命なのかもしれないなあと冷ややかに読んでしまう。申し訳ない。
 今週のお題:
「気候カジノ」: ウィリアム・ノードハウス、 藤﨑香里訳、「日本人は日本をどうみてきたか: 江戸から見る自意識の変遷」:田中優子氏、「「反日モンスター」はこうして作られた 狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉」:崔 碩栄氏、「家族計画」:芦崎 笙氏、「夏の雷音」:堂本瞬一氏。
今週もドキュメンタリーが多い。最近は良作が少ない、ノンフィクの方がブログネタになる、なんて理由で小説群が激減している。申し訳ない。考えれば、小説紹介は言わばライバルに塩を送るようなもので、こきおろすのが精いっぱいという事情もあってややこしい。そう言えば、何とら大賞なんかの書評側の作家達のコメントを読むと、厳し過ぎて、じゃあ、あんたらもしっかり書いてね!って言いたくなるのは私だけだろうか。
 私の近況は、腰痛が気候が温暖になるにつれて、少しずつ改善されてきて何より。愚息はバスケットに夢中になり、これも何より。家人との冷戦状態には変化なし。女性の都会への憧れは分かるけど、ベースが無く、老いた田舎者には、荷が重いのがなかなか理解して貰えない事残念。
 

2015年5月11日月曜日

2015.5.10書評

先週のお題:
「アメリカ最強の特殊戦闘部隊が「国家の敵」を倒すまで」(○):マーク・オーウェン、 ケヴィン・マウラー、「思い出は満たされないまま」(○):乾 緑郎氏、「我が心の底の光」(△):貫井 徳郎氏 「パールストリートのクレイジー女たち」(△):トレヴェニアン、 江國 香織訳、
これでは、GWを乗り切れないと、追加4冊。
「田園発 港行き自転車 (上下)」(◎):宮本 輝氏、「ロストデイズ」(△):大崎善生氏、「火星に住むつもりかい?」(△):伊坂 幸太郎氏。
やはり、ダントツは宮本氏。3年間の成果は伊達ではないですね。その他の小説群は全滅ですね。
今週のお題:
「葬送の仕事師たち」:井上理津子氏、「それでもボクは会議で闘う――ドキュメント刑事司法改革」: 周防 正行氏、「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」:深谷 敏雄氏。
 いずれもドキュメンタリーだ。小説疲れしたので、真実の世界へ目を向けている。いくつかは既に読み終え、ブログにも紹介している。どれもお薦めです。
さて、私の近況は、腰痛は完治せずと言う状況下で、GWは何処にも行かず、テレビで交通渋滞の様子を大変だなあ!と他人事のようにみていた次第。昔はこのGWしか休みが取れずに、必死で帰省した覚えがある。パワー有った。
そう言えば、愚息がバスケに入部し、随分と逞しくなってきたが、不器用な事には変わりなく、親に似たと言われれば、其処までか。それにしても、中学生って、年がら年中クラブ活動で休みがない。ぶーぶー文句を垂れる気持ちも分からないではない。まあ、こうした忍耐が強い精神力を作るとしたら、人間とは誠にベースは弱い動物なのだろうかと思ってしまう。考えれば、義務教育が終了するのが15歳。市民権を得るのが20歳。実に良く学ばねば、大人の世界に入れないのだから、ため息を付きたくなるのも分かる気もする。逆に、60歳ではビジネスの世界からが放り出されるのだから、何と40年間しか、活躍の時間は無いことになる。本当にこれから高齢化社会を維持するのなら、こうした基本的な社会ルールを見直す時期だろうと思うが、如何だろうか。

2015年5月6日水曜日

古い羅針盤27「南極の森とドンキホーテ?」を販売開始しました。




古い羅針盤27「南極の森とドンキホーテ?」
をアマゾンジャパンより出版しました。
著者:佐伯一郎
CG:あや工房
販売元:アマゾンジャパン

目次
年収6千万円の壁!
ドローンが規制される時は来る?
マッチョじゃないから、生きていける?
ソフトヤンキー物語が始まる
絶対に行けない世界は無い?
悩める子羊を抱える国々
IPHONE6とギャラクシーS4の違いとは?
LとGのバランス妙味
渥美清が懐かしい
ガラスの天井張りの妻の座とは?
為替という厄介な代物
A1の悲劇
ヒラメになりたい!
ABC検査という手抜き
2mの生死
周回遅れの欧州経済
夢は夜開く?ドンキホーテ戦略
貧困と無宗教の関わり
文系の必要性議論
6%増のエンターテーメントを切る
良い人、良い会社って何だろう?
南極に豊かな森林が存在した頃
1341なるマジック!
自然の前のドンキホーテ
本編は筆者ブログ「古い羅針盤」(2015.02月)掲載されたものを纏めたものです。








2015年5月3日日曜日

2015.5.01書評








先週のお題評点。
「NEXT WORLD―未来を生きるためのハンドブック」(○): ミチオ・カク、「 「就活」と日本社会―平等幻想を超えて」(△):常見 陽平氏、「異邦人(いりびと)」(△):原田 マハ氏、「誤断」(△):堂場 瞬一氏、「ひとりぼっちのあいつ」(△): 瞬, 伊岡氏。
それも評点が低かった。選考ミスか。と言うか、小説組がこのところ、絶不調か。原田氏も美術関係の専門性から離れると、唯の文章家だ。堂場氏も最近の多書きでお疲れかなあ。
今週のお題:
「アメリカ最強の特殊戦闘部隊が「国家の敵」を倒すまで」:マーク・オーウェン、 ケヴィン・マウラー、「思い出は満たされないまま」:乾 緑郎氏、「我が心の底の光」:貫井 徳郎氏 「パールストリートのクレイジー女たち」:トレヴェニアン、 江國 香織訳、
これでは、GWを乗り切れないと、追加4冊。
「田園発 港行き自転車 (上下)」:宮本 輝氏、「ロストデイズ」:大崎善生氏、「火星に住むつもりかい?」:伊坂 幸太郎氏。
「アメリカ・・」は実録なのだろうから、面白い。訓練された特殊部隊でもミスを犯す。其処が良い。その他は全て、小説にした。久々の宮本氏が注目だ。大崎氏の下馬評低いし、伊坂氏も同じかな。
 さて、私のGWは会社のトラブルもあり、家人も愚息も学校の休暇は少なく、会社で仕事か、家でブログの整理に力を入れている。第一、何処に行っても、人、人、人。どうしてこうも類似の行動しか出来ないのか?と嘆くくらいなら、家でジッとしていた方が良い。どうも、NEGATIVEだが、腰痛は完治していなし、無理も出来ない。出来れば良い読者三昧の時が過ごせればと願っているのだが。







2015年5月2日土曜日

★★GW 無料販売キャンペーン開始。

作品名:「時空の使い手 」
筆者:佐伯一郎
CG:あや工房
出版社:アマゾンジャパン(KDP)
期間:5/1(金)~5(火):5日間
只今、5冊販売されています。


第一回目の「早起きのご利益」38冊。第二回目の「人間ドックと命の値段」は0冊。第三回目の「無知と老衰」は27冊、第四回「シェールガス考察」は19冊、第五回「足で稼ぐ」は計37冊、第六回「素振りという事実」は計33冊、第七回「この世に残すもの」は28冊、第八回「ビッグデータと不条理」は24冊購買されました。 読者の方々、有難う御座いました。